20191126

ヤザキメディカル様のブランディングのご紹介です。

新規事業として医療機器の製造をされていますヤザキメディカル様。当初のご依頼は製品のカタログに関するものでした。ヒアリングを進めるうちに見えて来たのは、明確なブランドコンセプトの必要性でした。そこで改めてこの新事業を始めた想いと経緯をお伺いし、これまでの事業内容と今後の事業予定をお伺いすると、一つのキーワードが浮かんできました。それは「在宅医療」です。そして、その内容は薬などの外的なモノで治療するのではなく、医療器具で本来の自分の力を取り戻すというものでした。そこでご提案したのがこちらのブランドコンセプトです。

 

このブランドコンセプトの元で設定したデザインコンセプトは「ホッとする、安心感、寄り添う」です。このデザインコンセプトの元でデザインしたのがこのシンボルマーク(一般的にロゴと言われてものです。)

 

家の中に白十字があり、それがヤザキの「ヤ」と読めます。今後様々な在宅医療の器具や資料に入るシンボルマークですので、ご本人はもとよりそのご家族が見て「ホッとする」安心感のあるデザインを目指しました。様々な方の生活に入っていき、毎日使用される器具に入るマークですので自己主張しすぎず、自然と生活に溶け込むデザインとしました。ロゴタイプは、柔らかさの中にも安定感のあるこちらの書体を使用しました。全て小文字にする事で優しい印象も与えております。

商品のコピーも、あまり馴染みのないこの商品の使い方を分かりやすく伝えるものにしました。プロモデルによる撮影も分かりにくいイメージ的なものではなく、ストレートに使用状況を真正面から撮影しました。

 

ブランドサイトも担当させて頂きました。デザインコンセプトの「ホッとする、安心感、寄り添う」に従い、且つサイトを見る端末の80%以上がスマホと言われてる現代に合わせて、スマホでの見やすさに重点を置いたデザインとしました。デザイン&コーディング渡邉 美樹(fatsheeep)

ヤザキメディカルブランドサイト

 

さらに、以上の流れを踏まえて新規事業のご提案もしたところ大変気にいって頂き直ぐには実現が難しい事業ですが、それも一つの目標として頂ける事になりました。

ヤザキ メディカル様 ブランディング事例 | 08:18 | - | CI
skin / uterus